2017年05月23日

脇汗を止めるパースピレックスの敏感肌用(1本プレゼント中!)

敏感肌の方のためのパースピレックス脇用

強力に脇汗を止めるパースピレックスですが、
「肌が弱いから心配!」
そう思ってらっしゃる方は多いようです。

脇用のパースピレックスの口コミや感想を見ると、
肌が弱い方の場合、
かゆみや炎症が出ているという意見もあります。


「かゆくとも、汗が止まるから、使い続ける!」という
勇ましい女性のご意見もありますが・・・

かつては、パースピレックスの一つの販売名、
デトランスαでは、敏感肌用を取り扱っていなかったので、
このような意見が出ていました。
でも、そんなに我慢する必要はないのです。

パースピレックスには、
敏感肌用として、
パースピレックス・プラスがあります。

これなら、きっと、肌の弱い方の多くも、
お使いになれると思います。

「パースピレックスなんかより、
エティアキシルのデトランスピラン(敏感肌用)のほうが、絶対良い!」
などという有力な意見が、ネット上に出回っていますが、
これは、誤りです。

エティアキシルのデトランスピラン(敏感肌用)は、
パースピレックス・プラスのボトルを入れ替えて、
ブランド価値をつけて(価格も高い)、
販売しているものにすぎません。

惑わされないようにしてください。

※もっとも、2017年春現在、
デトランスピランの日本への再入荷は、
再開されていないようですが・・・

詳しくは、記事「脇汗を止める、パースピレックスとエティアキシルのデトランスピランの真実!」をご覧ください。

ところで、脇の肌は柔らかく、湿気もたまりやすいので、

敏感肌というほど
肌が特別弱くなくとも、
心配な方は多いようです。

しかし、肌が弱くとも、どの薬品に弱いかは、
体質により異なります。


そこで、昨年秋に、パースピレックスの入荷がストップするまでは・・・

詳しくは、記事2016年10月パースピレックスが不足し価格が高騰している!(手汗・足汗用)
をご覧ください。

まずは、効果の高い普通肌用をお試しになり、
かゆみや炎症が出るようなら、
改めて、敏感肌用をお試しになれば、
とおすすめしていました。
当時、脇用の敏感肌用は、
前記のデトランスピランしかなく、
しかも、価格が約7割近く高かった!
それでも、「敏感肌用」をお求めの方は多かったのです。


でも、「当サイト」では、
今回事情が変わりました!


もし、効果の高い普通肌用をお申し込みになったとき、

効果は弱くなりますが刺激がより穏やかな敏感肌用を、
もう1本無料でプレゼントされるとしたら、

いかがですか?


1本分は、約40日分とされているので、
どちらも手にしたら、
それぞれ約1か月以上お試しになれるのです。

あなたに、より合ったパースピレックスを選べるのです!


長年、パースピレックス、
そして販売名だけが異なるデトランスαを
ご案内してきた当サイトならではの特別なご案内です。

初回限定ですが、新たに「敏感肌用」を1本プレゼントです。
また、初回限定の大幅割引も、健在です。

「普通肌用」と「敏感肌用」とどちらもお試しになりたい方は、
当サイトから公式ページを訪問してください。

なお、当サイトを経由せずに、
直接公式ページからお求めの場合は、
「敏感肌用」はもらえないので、ご注意ください。



★ワキガ、脇汗でお悩みの方
>>ワキガ、ワキ汗、もう悩まない!【デトランスα】 <<

今、ここからなら、初回限定40%OFF!
さらに、初回限定で「敏感肌用」1本プレゼント中!




posted by 脇汗用パースピレックス at 18:53| Comment(0) | 敏感肌用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

パースピレックス!販売再開しました!

★☆ パースピレックス!販売再開しました! ☆★

お待たせしました!

パースピレックス!販売再開しました!

現時点では、ユーアップ社による
【デトランスα】 だけが、
販売再開です。

※Amazonや楽天などでは、再開されていません。

※デトランスαは、パースピレックスの別名での販売製品です。

ここからなら、今!
初回限定40%OFF!
さらに、敏感肌用を無料で1本(約1か月分)プレゼント!


posted by 脇汗用パースピレックス at 18:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

2016年10月パースピレックスが不足し価格が高騰している!(脇汗用)

★☆ デトランスα 販売 再開されました! ☆★

お待たせしました!

【デトランスα】 の販売が再開されました!

※デトランスαは、
パースピレックスの別名での販売製品です。

今のところ、販売再開は、
ユーアップ社による「デトランスα」だけです。

Amazonや楽天では、まだ再開されていませんが、
取り急ぎご案内いたします。

下記の旧記事に
「当分の間、製品紹介記事を非公開」とするとしていましたが、
まともな製品がまともな価格で購入できるようになったので、
順次、記事を修正のうえ、公開を再開中です。

また、よろしくお願いします。


<脇汗でお悩みの方>
==>【デトランスα】
※デトランスαは、
パースピレックスの別の製品名です。
今、ここからなら、初回限定40%OFF!
さらに、敏感肌用をお試しプレゼント中!




- 2017年春、記事修正 -

<ここから下は、修正前の旧記事です。>

2016年10月現在、
日本でのパースピレックスが不足し、
価格が高騰しています!



パースピレックスが不足している原因

原因は、次の通りと推測されます。

日本でのパースピレックスの供給は、
香港にあるデトランスαの製造工場が
かなりの割合を占めていました。

しかし、2016年?この工場が水害に遭い、
在庫のデトランスαが全滅しました。

このため、日本へのパースピレックスの供給は、
極端に少なくなっているようです。


※復旧の目途が立たない、
との情報が入っています。


パースピレックスが高騰している

デトランスαの新たな供給が途絶え、
パースピレックスの日本への供給が極端に少なくなったため、
価格も著しく高騰しています。

かつては、楽天では少し買いにくかったのですが、

少なくともAmazonでは、ここ5年くらいは、
購入できるところも多く、
少し前には、ボトル1本が2・3千円程度で購入できました。

しかし、2016年10月現在では、
楽天では取り扱いが無くなり、
Amazonでも取り扱いが極端に少なくなっています。

そして、7千円を超える価格になっています。


現在では、開発製造元のデンマークのRiemann社で情報を公開していませんが・・・
2年ほど前のパートナー情報によれば、
全世界で、デンマークを含んで27か国にパートナーがあり、
製造場所も多数あったことを記憶しています。

だから、いずれはパースピレックスの日本への供給も、
回復することと思います。


当分の間、製品紹介記事を非公開

- 2011/11/22 当分の間、記事を非公開とした -

従来は、初回は香港の工場で製造されている
デトランスαが大幅な割引をしているので、
これをまず紹介しておりましたが、

当分の間、
パースピレックスの紹介を中止します。
※記事は、このご案内を除き当分の間、非公開としました。

というのは、
今現在、ネット販売でパースピレックスを購入できるところもありますが、
価格があまりにも法外であるだけでなく、
品質に不安があるからです。

例えば、デトランスαを扱ってきたユーアップ社では、
しばらく前から、紹介している製品のパッケージも、
実際に送られてくる製品も、
「デトランスα」ではなく、
「パースピレックス」に切り替えてきていました。

そして、「デトランスα」の在庫は、
工場にある分は、全滅しています。

ところが、現時点では、
「デトランスα」の名前で販売されているものもあります。

いったいつの製品なのか不明です。


幸い、制汗剤の需要が少ない時期になりました。

医薬品でもあり、不安のある状態ではご案内できないので、
当分の間、製品のご紹介を中止することにしたのです。



せっかく良い製品を格安で購入できるようご紹介してきましたが、
とても残念です。

状況が変われば、
またこのサイトでご案内させていただくつもりですので、
よろしくお願いいたします。


なお、どうしてもパースピレックスが欲しい方には、
お手伝いはできないのですが、
個人輸入をお勧めします。

開発・製造元のデンマークの「Riemann」社か、
フランスのCooper社(デトランスピランの名前で販売されている)などから、
直接購入されることをお勧めします。

直接購入も、ブラウザの翻訳機能を使えば何とかなるのではないでしょうか。

語学が苦手な方には、
輸入代行業者に頼むことをお勧めします。

なお、医薬品の個人輸入になるので、
誰かが大量に購入して、分け合うことは、
法律上禁止されているので、ご注意ください。
posted by 脇汗用パースピレックス at 14:03| Comment(0) | 購入について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする